裳階屋根の家-Y邸     施工:株式会社藤匠住宅

裳階は「もこし」と読みます。寺院建築などによくみられる、階数以上に屋根を重ねる建築様式のことです。
平屋の想定だったんですが最終的には2階建て(建築基準法的には)になってしまいました^^;。
竣工写真を撮影するまで暫定的に工事中の写真を貼っておきます^^。



外観上三つの屋根が重なり合っているのが分かるかと思います^^。
目隠しの木塀は後で施主が塗装する予定です


 

外壁は鹿児島の火山灰を使った塗り壁(欠き落とし)です。
玄関まわりの樹種はヒノキとヒバが混在していますが、
塗装によって統一感が出てますね^^。



 

リビングの天井はヒノキ材ですが、床はブラックストリークという聞きなれない樹種です^^;。
在庫限りのお得価格が工事に合わせたように出ていたので採用です。
2階建て扱いなので階段も基準法上の階段になっています。
壁に空いた穴はネコちゃんののぞき穴^^。




ガレージは車を置くのではなく、ご主人がバイクをいじるスペースです。
壁一面の収納棚がド迫力です^^。




玄関からもガレージがチラ見できます^^。
写真右側が土間収納ですが、上部を空けて閉塞感が出ない様にしています。
本物の石貼りはやっぱりいいですね^^
靴脱ぎ散らかしていてスイマセン^^;


あとは竣工写真をお待ちください^^

外観写真だけこっそり撮影してきました^^

基本平屋なので(基準法的には二階建て)横長のフォルムです^^
 
写真撮影してたら猫ちゃんがこちらをじっと観察していました^^;
実はここの窓は猫ちゃんが立てるように下枠を大きくしているのです
狙い通りで逆にびっくり^^

かわいい^^ 望遠で撮れば良かった^^;